とびばこ舎 視覚教育支援センターはお子さまの見る力をサポートします

  • センターのこと
  • お知らせ
  • お問い合わせ

お子さまの『見る』によりそう

視力はよくても『見る力』に問題を抱えているお子さまが増えています。すべての子どもたちは 未来に向けて無限の可能性を秘めています。わたしたちは、子どもたちが自分に自信をもち可能性を発揮し、社会に活躍できるように支援します。

発達障害ってなに?

「発達障害」とは、発達障がい者支援法で以下のように定義されています。

「自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がい、その他これに類する脳機能障がいであってその症状が通常低年齢において発現するもの」

これらの発達障がいは併存するため、種類を断定するのは難しく、複数の障がいが重なり合い、特徴が少しずつ表れている場合が多々あります。

そのため年齢や環境によって目立つ特徴が違い、診断時期によって診断名が異なる事があります。 また、知的な遅れの障がいを伴う場合とそうでない場合があります。

それぞれの障害の特性

広汎性発達障害
自閉症
  • パターン化した行動、こだわり
  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係・社会性の障害
  • 言葉の発達の遅れ
アスペルガー症候群
  • 基本的に、言葉の発達の遅れはない
  • コミュニケーションの障害
  • 対人関係・社会性の障害
  • パターン化した行動、興味・関心の
    かたより
  • 不器用(言語発達に比べて)
注意欠陥多動性障害 ADHD

・不注意(集中できない) ・多動・多弁(じっとしていられない) ・衝動的に行動する(考えるよりも先に動く)

知的な遅れを伴うこともあります

学習障害 LD

・「読む」、「書く」、「計算する」等の能力が、全体的な知的発達に比べて極端に苦手

  1. 発達障がいは個性のひとつ

    「すべての子どもたちはいろいろな可能性と持ち味を持って生まれてきます。 発達障がいというのは、そうした生まれながらの可能性をもち、「特別」ではなく「個性」のあり方の1つと考えます。どんな人にも得意なもの弱みがあるように、障がいと呼ばれるものも、多くの人が持っている「苦手分野」と違いはありません。

  2. その人に目を向ける

    大事なことは、その人がどんなことができて、何が苦手なのか、どんな魅力があるのかといった「その人」に目を向けることです。例えば文字で憶えられない場合は図や絵を使って教えるように、その人その人に合った支援があれば、だれもが学習でき、自分らしく、生きていけるのです。
    彼らのよりよい暮らしを確かなものにする意味でも、早期からの専門的な療育や発達支援が必要です。

検査と訓練について

視覚機能と視覚情報処理機能

視力は良くても「見る力」に問題を抱えているというお子さんが増えています。 お子様にこんなことはありませんか?
視力は良いのだけれど、こんなことが気になる 例えば・・・

  1. 1.文字がすらすら読めない、意味が理解できない、時間がかかる
  2. 2.行を飛ばしたり、同じところを読んでしまう、枠内に書くのが難しい
  3. 3.細かな作業が苦手
  4. 4.黒板を写しとるのが苦手
  5. 5.鏡文字を書いてしまう
  6. 6.図形の理解が苦手

視覚機能とは

視覚機能とは視力・眼球運動・両眼のチームワーク・調節機能などの入力機能と脳の中で視覚情報を認知・記憶・イメージする処理機能、そして眼と体を強調させる出力機能があります。

  • がよくても他の機能に問題があれば視覚情報を効率よく入力したり適切に脳の中で処理をして行動に移すことができません。入力機能は眼から入る情報を取り入れる必要な機能でこの機能に問題があると読みが苦手になる傾向があります。
  • 覚情報処理機能は入ってきた情報を脳の中で認識、分析し理解するという機能のこと。この機能に問題があるとイメージすることが難しくなりデザインや理工系の科目などが苦手になります。
    眼球運動の能力もこれに関係します。
    また、図形や漢字のつくりなどの理解にもこの能力が必要でイメージの認識力、記憶力、空間認知などがこの能力に含まれています。
  • 力機能は情報を元にイメージを作り、体を動かしたり書いたりする機能のこと。入力機能に問題があることで出力機能にも支障が出る場合が多く見られます。この機能に問題があると手作業や運動が不器用になったり、不器用であるうえに眼の機能が弱いために更に問題が悪化することがあります。

この視覚機能のどこかに問題がある場合、字を効率よく読んだり書いたりすることや、漢字を覚えたり、図形の問題を解くこと、イメージして考えることなどが苦手になってきます。多くはこの問題が発見されないままで、学業に困難を抱えたり、スポーツや遊びも器用にこなせず、それらは本人の努力不足や勉強不足であると叱責されるケースも散見します。

視覚認知発達検査と訓練
  1. 1.発達障がいを抱えるお子さんは(LD・ADHD・自閉症・広汎性発達障がい)、視機能の問題も一緒に抱えている事が多いのにも関わらず、地域や施設によっては見落されている事もあります。
  2. 2.「なんでできないの!」「勉強しなさい!」と指導しても、本人にしてみれば何故出来ないのだろう?」と自信を失ってしまう事も多いのではないでしょうか?
  3. 3.子どもの持つ問題の原因が視覚機能にある場合、視覚認知発達訓練や環境調整を行うことで事態は改善されることがあります。

「見る」ということをスムーズに行えるように訓練し、その受け取った情報を認知しイメージする機能や体の動きをイメージする機能を高めていくことが、視覚機能を高めることに繋がるのはもちろん、読むことや書くことが少しずつ上達していく事は、子どもの大きな自信につながっていくものと考えます。

視覚認知発達検査

下記の中から、患者様に合わせた検査を複数組み合わせて施行します。

視覚 - 運動 統合発達検査
VMI(Developmental Test of Visual-Motor
integration)
視知覚スキル検査 - 改訂版
TVPS-R (Test of Visual-Perceptual Skills-Revised)
視知覚検査 - 2/3/A
DTVP-2/3/A(Development Test of Visual
Perception-Second Edition)
選択型視知覚スキル検査 - 3
MVPS-3 (Motor Free Visual-Perceptual Skills-3)
眼球運動発達検査
DEM (Developmental Eye Movement Test)
グッドイナフ人物画知能検査
DAM (Draw A Man)
眼球運動検査
NSUCO(Northeastern State University
College of Optometry Oculomotor Test)
知能検査
WISC-Ⅳ (Wechsler Intelligence Scale
for Children)
K-ABCⅡ(Kaufman Assessment Battery
for Children)
DN-CAS(Das-Naglieri Cognitive
Assessment System)
読み書き障害に対するスクリーニングテスト
STARAW、音韻意識検査、音読検査等

作業療法支援

発達障害の子どもたちの中には、身体を動かすことが極端に苦手なこどもたちがたくさんいます。

  1. 1.姿勢が悪い
  2. 2.鉛筆を持つのが苦手 うまく字が書けない
  3. 3.手先が不器用
  4. 4.運動が苦手

まずは

視る力の土台作り

運動や読み書きで視覚情報に合わせて体や手先をコントロールする「眼と手の協応動作」が重要なのは言うまでもありません。手足の操作など運動面の苦手さ・不器用さのあるお子さまに対して、運動機能の向上、日常生活動作や感覚の向上を図ります。身の回りの感覚情報を身体で感じ、感じたことを頭の中で理解、分析し、その場に合った行動ができるように、身体を効率よくつかえるようにトレーニング、支援を行います。

学習支援のこと

発達障がいの子どもたちの大きな特徴の一つに
「得意と不得意の凸凹の落差が大きい」
ということがあります。

このことは子どもたちの学力の獲得に大きな影響を与えます。例え能力の平均が同じであっても、極端な苦手さがある場合、その苦手さが足を引っ張る形で能力の発揮を妨げる場合があります。

例えば、高い言語的処理能力があっても、極端に視覚認知が弱いと物や形の位置が正確に認識しづらく漢字を正確に覚えられなかったり、数的処理能力などに影響が出て、学習面に特に問題が出てきます。このような問題を解決するために、当センターでは「学習支援」をおこなっています。

学習面以外の問題

また、学習面だけではなく、自己評価の低下や学習意欲の低減、情緒不安定などの症状をあらわし、学校でのトラブル、いじめ、不登校といった二次障害にまで発展するおそれがあります。

効果的な支援

知能検査や発達検査などを通して、聴覚・視覚・同時処理・継次処理・習得度などの観点から分析をし、もっとも適切で効果の上がる方法で学習支援を行っています。

  1. 1.個々のニーズに合わせた計画的支援

    障がい種別だけでは学習支援の指針は立てられません。
    つまり自閉症だからこれをすればいい、ADHDの子どもにはこう教えれば良いということはなく、学習支援を考えていくためには、より個別的で細やかなニーズや特性の理解が必要となります。また、個性や特徴はひとりひとり多様で様々です。子どもたちを理解するためには、複数の視点から多面的に理解する必要があります。

  2. 2.自立した勉学者を育てる

    計画的な支援を意識し、子どもたちが自分で学習の工夫をすることができる「自立した勉学者」となってもらうための道筋を常に考えます。
    自分はどんなことが得意で、どんなことが苦手なのか、記憶するにはどんな方法が良くて、どんな方法だと覚えにくいのか。
    今どのくらい理解できているのかなど、子どもたちの状態や特徴を正しく理解し、子どもたち自身が自己理解を深め、自分自身で学習や生活の工夫を考えられるように指導していきます。

「検査・トレーニング等」は、完全予約制(すべて個別対応)でおこなっております。
当センターは医療機関ではないため、健康保険は適用しないことを予めご了承ください。

予約について

ご予約について

当センターは完全予約制になっております。初めての方のご相談、ご予約はそれぞれご希望のセンターまでお電話にて
お申し込みください。
※それぞれの眼科受付につながりますので「視覚教育支援センター」の予約希望とお伝えください。

  • (医)順孝会あだち眼科付属 加須センター(main office) 0480-65-5988
  • おが・おおぐし眼科付属 上尾センター

センターのこと

センター概要

団体名
とびばこ舎 視覚教育支援センター
センター長
有安 正規
設立日
2015年5月

お問い合わせ

事業内容 視覚機能に問題を抱えるお子さまへの支援及び訓練の実施

(医)順孝会あだち眼科付属 加須センター(main office)

住所
〒347-0015
埼玉県加須市南大桑1620-1
電話

0480-65-5988

Google Map

  1. 1.最新の眼科医療をご提供
  2. 2.斜視・弱視治療など小児眼科に強い
  3. 3.順孝会は分院もある大きな組織で安心
  4. 4.東鷲宮駅より無料送迎バス
  5. 5.駐車場100台完備
  6. 6.広々待合室から富士山が

おが・おおぐし眼科付属 上尾センター

住所
〒362-0015
埼玉県上尾市緑丘1-6-1
電話

048-776-7445

Google Map

  1. 1.眼科専門医3名在籍(常時2診体制)
  2. 2.斜視・弱視治療で豊富な実績
  3. 3.検査と訓練は落ち着いた環境の別棟で
  4. 4.平日・土曜日も午前・午後終日診療
  5. 5.キッズルーム完備
  6. 6.完全バリアフリー
〒347-0015 埼玉県加須市南大桑1620-1

0480-65-5988

お問い合わせ

TOP